良いドライヤーの選び方

良いドライヤーの選び方は3つあります。

 

(1)風量が強い

風量が弱い(優しい)のはオススメできません。

何故なら
乾くのに時間がかかってしまうからです。

 

風量が弱いと、
髪にあたる風の量、面積が少なくなり
結果乾くまでに時間がかかってしまうのです。

 

そうすると、乾かすのが大変になってしまい
途中で気力が失せてしまいます。

 

結果、半乾きで終わってしまったり
半乾きになっていることに気付かない。
なんてことになりかねません。

 

半乾きのまま寝てしまうと、
髪に寝グセがつきやすくなりますし
キューティクルが半開き状態です。

 

そうすると、寝ている間に髪がこすれ、
摩擦でキューティクルが損傷してしまいます。

 

結果バサバサ、まとまりの悪い
髪質になってしまいます。

 

髪を良くするために完全に乾かすことは
とても大切な作業になります。

 

ここをしっかりしないと、
他の部分でどんなにお手入れを頑張っても
結局傷んでしまい、まとまりの悪さの原因になりますので
風量の強いドライヤーを選んで下さいね^^

 

 

(2)温度が低め

”温度が高ければ乾くのも早くなって
半乾きにならなくて済むし、良いのでは?”

 

と思うかもしれませんが
当店では、なるべく低めのモノを勧めしています。

 

何故なら、
「乾かし過ぎる」というデメリットがあるからです。

 

温度が高いと言うことは
それだけ熱が髪に伝わると言うことです。

 

そうなると、乾いた後も高温の熱を
当ててしまう可能性があります。

 

結果、髪の温度が高温状態になり
髪が焼けてしまうかもしれません。

 

髪の表面や顔周りだけが黄色く明るくなったり
カラーが退色しやすくなる原因は、
これが原因の可能性が高いです。

 

また、髪が焼けてしまうと
キシキシしたり、指通りが悪くなりますが
そうなってしまった髪は、修復が難しく
改善するまでに時間がかかる事が多いのも事実です。

 

そうならない為にも、
ドライヤーの温度は低めのものを使って下さいね。

 

目安はドライヤーの吹き出し口に手を近づけても
熱くない程度がオススメです^^

 

温度が低めでも、風量が強ければ
髪が乾くのは早いので安心して下さいね。

 

むしろ、風量が弱くて温度が高いドライヤーの方が
乾くのが遅かったりしますので、ご注意下さい><

 

(3)値段が手頃

ドライヤーは3000円〜4000円程度のモノが
良いと思います。

 

何故なら、ドライヤーの良し悪しは値段では
決まらないからです。

 

値段が高くて良い物もありますが、
悪い物もありますし、
値段が安くても良い物があるのが
ドライヤー業界の実情です。

 

また、ドライヤーは出来れば2〜3年で
買い替えて欲しい道具の1つです。

 

何故なら、ドライヤーの温度は
使用頻度が高まると、上がってしまうからです。

 

温度が高くなれば髪は焼けやすくなります。
そうならないためにも、定期的に買い替えが必要です。

その為、ドライヤーは値段が手頃なものをお勧めします。

長く使うのには構造上、無理があるからですね。

 

(注意)中の電熱線が焼けてしまうんですね。
焦げ臭かったりしたらかなり危険ですので
すぐに買い替えて下さいね。

 

 

☆まとめ

良いドライヤーとは、
風量が強くて、温度が低め。

それでいて、値段が3000円〜4000円くらいのもの
良いと思います。

 

最近は、マイナスイオンやセラミックなどを
売りにしているドライヤーを見かけますが
イオンもセラミックも髪を良くしたという事実は
実は解明されていません。

 

イオンドライヤーがサラサラになりやすいのは
乾かし過ぎにならないように、
風量が強めで温度が低めに作られているからです。

 

また3000円〜4000円であれば、2〜3年使っても
一ヶ月100円程度のコストになりますので
とてもコストパフォマンスが高いと思いますよ^^

 

ちなみに、リーリエがオススメしているドライヤーは、
コイズミというメーカーの「バックステージ1.7」です。

 

「1.6」もありますが
箱に「1.7」と書いてある方を買って下さい。

 

Amazonだと、2,000円代で買えちゃうんですね・・・。
よかったら検討してみてくださいね^^

コイズミのバックステージ ← クリック

 

 

髪の知識まとめページ ← クリック