ドライヤーで乾かすことの大切さ

”あなたは、髪を洗った時
しっかり髪を乾かすことができていますか?”

 

実は、髪を乾かす作業は
髪をキレイにする上で、とても大切なのです。

 

何故なら、濡れている髪(半乾きの髪も含む)は
キューティクルが半開き状態になっていて、
ドライヤーの温風で完全に乾かすことで、
キレイに閉じることが出来るからです。

 

★完全に乾かさないとどうなるの?

キューティクルは半開き状態ですので
髪の中の栄養分や水分が逃げやすくなります。

その結果、乾燥、パサツキの原因になってしまいます。

 

また、キューティクルが半開きということは
髪の毛どうしのキューティクルが引っかかり、
絡まりやすくなります。

最終的には、キューティクルが剥がれてしまい
キシキシになってしまったり、ジリジリした毛先になります。

 

しかも、剥がれてしまったキューティクルは
残念ながら、現代の毛髪化学では修復することが
極めて困難です。

なので、このような状態にならないように
しっかり髪を乾かすことが大切なのです。

 

また、髪をしっかり乾かすだけで、
実は、色々良いことが起こります。

 

★寝ぐせがつきにくくなる

朝起きると、寝ぐせがすごい。
髪が絡まってクシでとかすのが大変。

このような悩みを抱えているとしたら
髪が完全に乾いてない可能性が高いです。

 

髪を洗った時は、完全に乾かしてから寝ると
寝ぐせも、かなり完全されると思います。

その結果、朝のお手入れの時間も
短縮することが可能です。

 

★髪にツヤが出やすくなる

髪を完全に乾かすと
キューティクルがキレイに整いますので
髪に自然とツヤが出てくるようになります。

 

この時の注意点としては、
キューティクルは、根本から毛先に向かって
うろこ状に並んでいますので、仕上げの時だけでも
上から温風を当てて下さい。

 

これだけでも、髪のツヤが出やすくなりますが
最後に冷風を軽く上から当ててあげると
よりツヤが増します。

 

★乾かすときのコツ

髪を乾かすときは
必ず乾きづらいところから乾かして下さい。

女性の場合、特に乾きづらいところは
襟足や後頭部です。

朝起きた時に、この部分が絡まりやすい場合は
乾かしきれていない可能性がありますので
最初に乾かすといいと思います。

 

逆に乾かし過ぎになりやすい場所は
サイドの顔周りです。

この部分が、絡まりやすかったり
カラーの退色が多い場合は
最後に乾かしてあげると良いと思います。

 

また、髪を乾かす順番は
根本→中間→毛先の順に乾かして下さい。

根本を乾かすときは頭皮に温風をあてるイメージで
してあげると良いと思います。

 

★ドライヤー選びも大切

また、ドライヤー選びも大切です。
ドライヤーは出来れば風力があって
低温の温風がでる物がいいと思います。

ドライヤーによる
乾かしすぎ(オーバードライ)を予防するためです。

 

顔周りの髪がパサつきやすかったり
すぐ退色する場合はオーバードライが
原因かもしれないので気をつけてみて下さいね。

 

当店では、髪の乾かし方やドライヤーの使い方なども
詳しくアドバイスしておりますので、
遠慮無くお申し付けくださいね^^

 

ドライヤーの選び方を
より詳しく知りたい方はこちら ← クリック

 

髪の知識まとめページ ← クリック