トリートメントの持ちが悪い。

実はトリートメントには、
2種類のタイプが存在します。

 

「表面皮膜タイプ」「内部補修タイプ」です。

 

★表面皮膜タイプ

このタイプは、髪の表面「キューティクル」に
コーティングをします。

シリコンのようなポリマー成分をもちいて
髪の皮膜をつくるトリートメントです。

 

このタイプは髪質を改善する効果はなく、
髪の手触りと、まとまりを良くします。

また、髪の表面を摩擦などの刺激から
保護する効果もあります。

 

デメリットは、皮膜を作るだけですので
剥がれてしまうと、もと通りに戻ってしまうところです。

結果、持続性が短く
もって1週間くらいになります。

 

なので、リーリエではこのタイプのトリートメントは
オススメしていませんのでお取り扱いもしていません。

 

このような皮膜タイプのトリートメントは、
普段のホームケア用のトリートメントや
洗い流さないトリートメントとして
使用するのが良いと思います^^

 

毎日使用すれば、シャンプー時に剥がれていったとしても
毎日補うことが可能になります。

 

★内部補修タイプ

このタイプは、髪の内部に栄養分を浸透させたり、
髪質そのものに作用させて、根本的に改善をしていきます。

 

内部への補給、作用になりますので
持続性が高いのもこのトリートメントの特徴です。

初期の頃は若干の個人差がありますが
1ヶ月以上持つ方もいます。

 

デメリットとしては、皮膜成分を使用しないので
短時間の施術が難しいところです。

 

そのため、通常のトリートメントに比べて
施術工程が多く、丁寧な作業が必要になりますので
少々お時間が多くかかります。

 

ただ、お時間をかけた分
お客様に適した栄養補給や、髪質改善が可能になります。

 

なので、リーリエでは
このタイプのトリートメントをオススメしております。

 

髪質改善ヘアエステは、
内部補給タイプのトリートメントになりますので
持続性が高く、ツヤ、ハリ、みずみずしさなど、
美しい髪質を実現することが出来ます^^

 

 

髪の知識まとめページ ← クリック