パーマのかかりが悪い。

パーマがかからない原因は2つあります。

 

(1)薬剤の調合が、髪の状態に合っていない。

 

キレイなパーマには、
あなたの髪の状態に合わせたお薬が必須です。

あなたの髪の栄養状態や
髪の特性を見きわめ、
数種類の薬剤をえらぶ必要があります。

 

そうすることで、
あなたの髪に負担をかけずに
キレイなパーマをかけることが可能です。

 

★もう一つ大切なこと

 

また、パーマをキレイにかけるためには
カウンセリングがとても重要です。

どんなパーマスタイルをしたいのか。

普段どんなスタイリングをしているのか。

など、詳しく伺うことが大切になっていきます。

 

 

(2)パーマに必要な栄養が足りない。

 

通常のカラーやパーマなどで
髪の栄養状態が悪いと
パーマがキレイにかからないことがあります。

その場合、どんなにかけようとしても
パーマはかかりません。

 

パーマとは髪の中の栄養分に、
カールをつける作業ですので
栄養分が無いと、髪が傷むだけになってしまいます。

 

パーマをかけたらかかりが悪かったため
もう一度お直ししてもらったら、
髪がバサバサに傷んでしまった。

これは、栄養が足りないために
起こる悲しい現象です。

 

★このような事が起こらない為には

 

私たち美容師は、
お客様の髪の状態をしっかり見きわめ、
正しい判断をしなければなりません。

 

今かけられるのか、かけられないのかを
正直に伝えることも、プロの責任です。

 

★どうすればかけられるのか?

 

このような場合は、

まずは栄養状態を良くしてから
パーマをかけることが大切です。

 

今後は髪に負担がかからないように、
キレイな状態を維持できるようにしながら
かけられる状態を目指していきます。

 

★リーリエの場合

 

リーリエでは、
お客様の髪の状態に合わせた
薬剤調合、栄養補給をして、
髪に負担がかからないようにかけていきます。

 

栄養が足りない場合は、すぐには
かけられないかもしれませんが
かけられる状態になるまで
しっかり改善していきます。

 

パーマがキレイにかかると
乾かすだけでカールが出るようになり
半年〜1年ほど持つようになります。

 

まずはカウンセリングをさせていただいて
あなたのご希望を教えて下さいね^^

 

 

髪の知識まとめページ ← クリック