カラーの色持ちが悪い。

 

カラーの色持ちが悪くなる原因は
ほとんどが美容室でのケア不足です。

 

カラーをするときには必要な成分が
カラーをした後に残留する事で
色持ちが悪くなってしまいます。

 

☆カラーをするときに必要な成分とは?

 

色素を抜いたり、入れたりする成分です。
これがカラー後に残ると、自宅に帰った後
退色・ダメージの原因になります。

カラー後に独特なニオイが残るのは
この成分が残留しているからです。

 

☆これが残るとどうなるのか?

 

自宅でシャンプーする度に
この成分が徐々に流れていきます。

その時、髪の中の色素も流れてしまいます。
これが、色持ちの悪さの原因です。

 

☆色素と一緒に流れてしまうもの

 

色素と一緒に栄養分も流れてしまいます。

カラー後に自宅でシャンプーすると
キシんだりするのは これが原因です。

結果、乾かすとパサツキ、まとまりが悪くなります。

 

☆最終的には・・・

 

カラーの回数が多いところから
どんどん明るくなっていきます。

毛先にいくにつれて、
金髪のようになるのはその為です。

 

☆どうすれば良いのか?

 

カラー後に、色素を抜いたり入れたりする成分を
徹底的に除去することが大切です。

そうすれば、ニオイも残ることはありませんし、
毛先が金髪になったり、パサツイたりすることも
ありません。

 

☆リーリエの場合

 

リーリエではそういう事がないように
この成分をカラー後に徹底的に除去していきます。

また、色素と同時に栄養補給も行っていきますので
髪を良くしながら、色持ちを良くすることが可能です。

もちろん、カラー後の独特のニオイも残りませんし、
シャンプー後のキシミもありません。

 

☆白髪でも色持ちは良くなるのか?

 

白髪でも色持ちが良くなります。

あなたのご希望や、髪の状態に合わせて
色素、栄養分を調合していきますので
染まりも良くなりますし、髪にツヤが蘇ります。

 

ご興味がある場合は、気軽にご相談ください^^

 
髪の知識まとめページ ← クリック